野菜から酵素摂取

野菜を使った酵素のオススメ摂取方法

酵素は私たち人間の生命活動に必要不可欠なもので、人間の体内には常に存在しています。
しかし、現代日本人はストレスにさらされ、規則正しい生活習慣を送ることができなかったり、喫煙、飲酒などでたくさん使用してしまっているのが現状です。

 

酵素には、体の調子を整え、健康増進やダイエット効果、アンチエイジング効果があり、今注目されていますし、毎日の食事から取り入れることも可能です。
酵素が多く含まれている食品の代表的なものは、大根やキャベツ、にんじん、ブロッコリー、セロリ、きゅうり、スプラウト、アボガドなどの野菜や
、りんご、レモン、バナナ、パイナップル、オレンジなどの果物、納豆や漬物などの日本古来の発酵食品にも多く含まれている上、ミネラルやビタミンも豊富なので、健康維持にぴったりの食材です。
炭水化物やたんぱく質、糖質を分解したり、毒素を排出したり(デトックス効果)といった効果があります。

 

しかし、酵素は48度以上の温度で死んでしまいその効果を失ってしまいますから、
有効的に摂取するには、生のまま食べたり、くだものをフレッシュなまま食べることがとても大切です。
また、大根やりんごなどなどはすりおろすことで吸収できる量が増えますし、食べやすくもなりおすすめできる摂取方法です。

 

生のままの摂取方法が一番ですが、体を冷やす効果があるものが多く、また、スーパーや小売店で売られているものには、
農薬や化学肥料が使われて育てられていますから生のままで安心して食べることができませんので、無農薬や有機栽培されたものを選ぶようにしてください。
また、生野菜はサラダなどにしてもたくさんの量は食べられないので、理想的な酵素の量を摂ることはとても難しいのです。

 

酵素を手軽に摂取するのなら、生のまま食べるより、野菜や果物などを熟成発酵させて作られたドリンクや、生野菜を絞って作る野菜ジュースもおすすめです。
野菜ジュースはジューサーやミキサーがあれば家庭で簡単に作ることができますし、旬のものを使えば効果も高くなります。

 

市販の野菜ジュースは、作られる過程で熱を加えられているので効果はありませんし、糖分も多く含まれていますのでおすすめできません。
また、栄養のバランスを考えて摂取することで体によいメリットをもたらしてくれるので、
酵素を摂りたいからといって酵素ドリンクやジュースだけを取るという単純な方法では食事を疎かにしてしまうので効果は期待できません。

野菜から酵素摂取関連ページ

果物から酵素を摂取
果物から酵素を摂取する方法は比較的簡単ですね。ジューサーなどでジュースにしてもいいしすりおろしでも問題なし。果物からたくさん酵素を摂取しよう!
発酵食品から酵素を摂取
納豆や味噌、キムチなどの発酵食品にも酵素の力が利用されています。発酵食品を多く食べる事で効率的な酵素摂取が望めます。