酵素風呂で体温をあげよう

酵素風呂とは、おがくずや発酵した米ぬかなどの有機物の中に体を入れたり(普通のお湯に発酵液を入れたお風呂に浸かったり、)発酵熱で体を温める乾式温浴法です。

 

酵素風呂がもたらす効果の一つに、酵素の力で体温を上げる効果があります。
この体温上昇は一時的な物ではなく、体の基礎代謝を上げる事による根本的な体質改善に繋がる、温熱療法と呼ばれています。

 

若干の前後はありますが、人間の体温は平均36度です。
恒常的に体温が低いと体内の臓器全体の働きが鈍くなり、
免疫力の低下や甲状腺の機能低下に伴うホルモンバランスの悪化、血流が滞る事で手足の冷えや頭痛、肩こりなどの原因にもなります。
それ以外にも体の代謝が低くなると体内の脂肪がうまく分解されず、メタボリックシンドローム、すなわち肥満にも繋がるのです。

 

体の冷えは万病の元。
しかし、酵素の力を使えば体の芯から温まり、体質までも改善させていくことができます。

 

通常の温浴だと、お湯の温度が40度前後の所に体を漬けて温めます。
しかし、酵素の発酵熱はそれよりも高く、50〜70度、元の有機物によっては80度のサウナほどの温度になります。
その中に浸かって体を温めるのですから、高い発汗作用も期待できます。
この発汗作用はランニングに置き換えると、約2時間程度走るのに匹敵する発汗量となります。
また、体の芯から温められることで、体内の老廃物も燃焼・分解し排出しやすくなるデトックスの効果も期待できます。

 

酵素風呂の温熱療法で基礎代謝が上がると、まず、体の中にある血液や老廃物が循環・燃焼・分解されやすくなります。
これにより体内全体で臓器が活動力を上げ、必然免疫力やホルモンバランスが上昇し、そもそも病気になりにくい健康な体が生まれるのです。
特に女性であれば、血液循環の向上に伴い重い生理痛が徐々に和らぐ効果も体感できるでしょう。

 

また、体内の脂肪が燃焼しやすい体質になる為、ダイエットの効果も期待できます。
そして何より、長期間続けて行くことによりこれらの効果は根本的な体質改善に繋がって、徐々に基礎体温も上昇していくのです。

 

体温が1度上がるだけでも、体内で燃焼分解できる老廃物や脂肪の量は変化します。
それを温熱浴で手軽に、運動が難しい人でも入浴を繰り返す事により上げていくことができるのですから、その効果は相当な物と言えます。
体の大元に働きかけ体温上昇を促す酵素風呂は、体の中でより多くの効果をもたらす入浴法なのです。

酵素風呂で体温をあげよう関連ページ

肩こりや腰痛対策に
酵素風呂は体を温める効果があります。この効果は一時的なものではない為、肩こりや腰痛などには効果的です。体を芯から温める事で血液の循環が良くなりコリの解消が望めます。
加齢臭対策にも効果あり!
酵素風呂に入ることにより二次的効果として加齢臭を抑える効果もあります。男性の加齢臭は自分では気づきにくいものです。心身ともにリフレッシュしてみて下さい。
新しい花粉症対策に酵素
花粉症で悩まされる方も多くいるかと思います。根本的な解決が確実にできるとは限りませんが、酵素を摂取することや酵素風呂に入ることで軽減することは可能になります。
酵素で美肌・乾燥肌に効果が
酵素摂取は美肌に非常に効果が高いと有名です。それは酵素の持つ非常に優れた力が関係しています。