酵素不足は肉・魚を減らすから?

肉や魚も酵素の為に摂取しよう

人間は毎日食事から食べ物を取り込み、たんぱく質や炭水化物、
脂肪など食品に含まれている栄養素を消化し、体内に吸収してエネルギーに変えています。
食べ物の消化、吸収には、人間の体内に存在する消化酵素が使われていますし、吸収した栄養素が生命活動をするときに代謝酵素が媒介します。

 

酵素がなぜ生命活動に必要不可欠なのかというのは、栄養素だけでは生命活動が行えないからです。

 

最近、酵素が注目されていますが、現代日本人は不足しているのが現状です。
毎日体の中では、必要なときに必要な種類の体内酵素が、必要なだけ作られていますが、生活習慣の乱れや現代の生活スタイルではすぐに減ってしまうのです。

 

体内酵素の不足原因としては、ストレスや飲酒、喫煙、偏食、暴飲暴食などを行うことにあります。
これらで簡単に減少してしまいますから、私たちは疲れやすく、重大な病気になりやすいリスクを抱えているのです。

 

酵素は、食品から摂取する事ができるのですが、実は酵素は熱に弱く、加熱すると働きを失ってしまいます。
生野菜や生の果物、熱処理されてない生のはちみつとエクストラバージンオイルや日本古来からある、
納豆や麹、漬物などの発酵食品にも豊富に含まれていますし、また、加熱していない生の肉や魚にも実は多く含まれていて、
生肉には脂肪分解酵素「リパーゼ」が豊富に入っていますし、生の魚にも豊富な酵素が含まれています。

 

これらの食品は生で摂ることが望ましいのです。

 

そして、日本人は、魚を生のまま食べる刺身を好んで食べますが、魚には質の良いたんぱく質が豊富に含まれていますし、
肉をユッケにしたり、馬刺しなどを食べます。特に、サケ、サバ、マグロにはビタミンB6が豊富に含まれていますのでおすすめの食材です。

 

生食が苦手、食中毒が心配、という場合は、表面を軽く加熱して調理した牛肉のたたきやレアのステーキでも摂ることができます。
肉の中に含まれるリパーゼは、脂肪を分解してくれるので、たくさん食べても肥満や動脈硬化を起こす心配はありません。
事実、生肉を食べる民族は、日本人が悩まされている生活習慣病の人はいないというデータがあるほどです。

 

酵素は、ミネラルとアミノ酸が結合して作られており、ミネラルやビタミンがないと上手く働きません。
このため、ビタミンやミネラルを豊富に含んだ食品と摂取することが望ましいですし、それらが含まれた肉・魚を食べることも有効です。

酵素不足は肉・魚を減らすから?関連ページ

睡眠不足を解消して酵素を増やそう
睡眠は健康上の大きな要因となっています。酵素にとってもし打民不足は非常に大きな要因の一つとなるのです。
夜更かしの影響で酵素不足に
夜更かしをする事で酵素がどんどんと減ってしまします。その理由は酵素の作られる時間にあったのです。
アルコールと喫煙と酵素の関係
飲酒時にはタバコが吸いたくなりますね。ただ、アルコールと喫煙のセットは体に本当に悪影響を及ぼします。
加齢により酵素不足に
年齢を重ねるごとに酵素は段々と減っていきます。その酵素が減っていく事により様々な変化が体に起こってきます。