夜更かしの影響で酵素不足に

夜更かしは酵素不足の原因に

毎日私たちが当たり前のように生きていられるのは、体の中で様々な化学反応が起きているからなのです。
体には数え切れないほどの細胞があって、どれもが化学反応から活動しています。
欠かすことなく行う食事ですが、人間は食物に含まれている炭水化物やたんぱく質や脂肪などの栄養素を体内で消化し吸収して体の源にしています。

 

食べ物を消化し吸収するのに、酵素が使われているのです。
酵素は私たち人間の体にある物質の中で、生活したり運動したりする際になくてはならないものになっているのです。
酵素には、体内に存在して、消化、代謝に使われるもに以外にも、腸内に存在するものや、食品のなかに存在するものなど大きく分けで4種類あります。

 

代謝に使われる、代謝酵素には、毒素や老廃物の解毒や筋肉や内臓の修復、
栄養素や細胞の合成、ホルモンや神経の調整、全身を動かす、血液や免疫の運搬などに役立っています。
しかし、年齢とともに体内酵素は徐々に減っていき、体に影響をもたらします。
不足すると、体の代謝機能が衰え、老廃物が排出されにくくなり、体内に毒素が溜まるために病気にかかりやすくなったり、肥満の原因になるのです。

 

特に不足原因で大きいのは夜更かしです。
深夜、人間の体は疲れを取り、傷ついた箇所を修復します。
そして、実は、酵素はこの時間に作られるのです。
深夜に体が起きていると酵素が作られにくくなってしまいますし、まして、深夜に食事をしてしまうと大変です。
消化に使うものを無駄に消費してしまうことになりますし、起きている時には作られないので減っていく一方になってしまうからです。

 

酵素をたくさん作るためには、睡眠のゴールデンタイムと言われている夜の10時から翌朝4時の間は眠っていることが望ましいです。
新陳代謝も夜行われるので、しっかり睡眠をとっておかないと肥満や肌トラブルの原因になりまねません。

 

体内酵素を減らさないために、ストレスを溜めない生活を送り、食事を振り返り暴飲暴食をやめる。
喫煙や飲酒は控える、夜更かしはやめて睡眠を十分に摂ることが必要です。
酵素は、生の野菜や果物、生魚、生肉、発酵食品からでも摂取することが可能なので、これらの食品を生のまま積極的に摂ることもおすすめなのです。

 

酵素を無駄に消費しない、しっかりと体内で生成するために、寝る前の食事は控え、夜はしっかりと寝ることで、若々しい体を作り、いつまでも健康維持ができるのです。

夜更かしの影響で酵素不足に関連ページ

睡眠不足を解消して酵素を増やそう
睡眠は健康上の大きな要因となっています。酵素にとってもし打民不足は非常に大きな要因の一つとなるのです。
アルコールと喫煙と酵素の関係
飲酒時にはタバコが吸いたくなりますね。ただ、アルコールと喫煙のセットは体に本当に悪影響を及ぼします。
酵素不足は肉・魚を減らすから?
酵素は生ものに多く含まれています。肉や魚にも酵素は存在しますが、基本的には、焼いたり煮たりと熱を加える料理になってしまいます。
加齢により酵素不足に
年齢を重ねるごとに酵素は段々と減っていきます。その酵素が減っていく事により様々な変化が体に起こってきます。